2021年12月アーカイブ

大雪

| コメント(0)

ふいご祭り

| コメント(0)

昔の言い伝えでは、火の神様が天から降りて来てふいごの所に火をくださったのだそうです。
 それで、1年に1回鍛冶場を大事にするため仕事を休みお祭りをしました。
 この日は、御嶽山の神主が来て鍛冶場のおはらいをし、仕事にたずさわる人や家族共々おはらいを受けました。
 おはらいが済むと村内の親戚を呼んでご馳走を食べ楽しいひとときを過ごしました。お酒もたくさん飲んだりソバを作ってもてなした時もありました。(「南部の味と暮し」より 参考文献))

農作業がようやくかたづき、12月に入ると1年の間で世話になった人たちをよぶ「とうどよび」を行いました。
 家から嫁にでおばたちが、2日も3日も泊まりがけで手伝いにきてくれるので、家の中は急に賑やかになります。「れんこん、ごぼうは少々生でもいいよ」等と言い合いながら、おひらを大なべで煮るにおい、土産っこ(つとっこ)を作るためにわらをすぐる手、その手の動きにおっかぶせるような「でっけえ土産っこ作れや」の年寄りの声。こんにゃく、豆腐、そばを打つ音。たいへんな作業のはずなのにみんなどこか弾んでいるようでした。
 ‘とうどよび’の当日は、男衆は酒を飲み、女衆は甘酒を飲み、親についてきた子供たちは、白いご飯にいろいろなおかずを食べながら、いつもと違う大人をめずらしげに眺めていました。
 ‘とうどよび’が終わる頃から雪が根雪に変わり、雪の中の生活が始まります。1ヶ月遅れの正月までの間は、大人も子供も一生けん命働きました。(12月の31日は昔は小さい年取りを言いました)学校から帰ってくると、大根飯にいも汁(いもじり:とろろいもをすり鉢ですり、みそ漬けのだし汁でのばしたもの)の食事もそこそこに済ませ、縄ないに出かけます。仲の良い友だちの家を順に廻り、縄ないをしたものです。夜も夜なべに縄ないをしました。11、12才のころでしたが、つらいと思ったことはなく楽しみでした。縄ないに飽きると大根のずみ漬け(がまずみの赤い実色できれいな桃色に漬かっていた)やしょうゆのみ湯、時には貴重なくし柿を食べたりと、友達と楽しいひと時を過ごしました。
 大根のずみ漬けの桃色は、まっ白い冬の中でも今も心の中に鮮やかに残っている色味です。
 私の子供の頃は、毎年それはそれは大雪でした。天から掃き落とすような雪の中での生活は、しいのい事もたくさんありましたが、今思い出されるのは楽しいことばかりです。(「あらいのごっつぉ」より 参考文献))

 

「瑞穂の昔」のとうどう呼び

農作業|「瑞穂の昔」飯吉 達雄 著 > とうどう呼び

月忌じまい(がっきじまい)

| コメント(0)

おとりこし

| コメント(0)

冬至

| コメント(0)

餅つき・まゆ玉つくり(〜27日)

| コメント(0)

年取り

| コメント(0)

このアーカイブについて

このページには、2021年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2021年11月です。

次のアーカイブは2023年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。