郷土料理レシピはこちらのサイトをごらんください「新潟県妙高市の味 わがやの味」

1月

1月 1日 正月(元旦)

年の初めのお祝い

1月 1日 年頭参り

氏神様に詣でる。 おてつぎさんへ、白米、お供え餅、蝋燭等を持って挨拶に行き、法事の年忌札をもらってくる。(現在はお金を持って行く人が多い。)

1月 2日 仕事初め・はたき初め

三時頃から起きて、野良着に着替えて藁仕事をする。藁を打つ者、蓑を作る者と、家族全員で働く。

1月 2日 書き初め

子供たちも早く起きて、書き初めをしたり、縄ないをする。

1月 2日 買初め

町にでかけて初買をする。

1月 3日 正月よび

二日の夜から三日にかけて近所の人々を招く慣習がある。三が日は白い餅を食べるが、これ以後は朝こな餅を食べる。(長沢)

1月 5日 小寒(寒の入り)

寒のうちにあられやかき餅を作ると、割れないでよいと言われる。お盆頃まで食べた。 (村)麹を仕込んで、味噌や麹の加工品を作る準備をする

1月 7日 人日(七草の節句、七日正月)

七日頃までに主な年始廻りを終わらせる。白い餅を食べる。七草がゆ

1月 11日 蔵開き/鏡開き・棚卸し(平丸)

年が新しくなり、最初に蔵を開ける祝(1日からこの日まで蔵に入ってはいけない)。蔵に供えた餅をさげ、小豆粥にして食べる。鏡餅をおろして雑煮にする。 神棚、仏壇のお供え物を下ろす。/あずがい・小豆粥を食べる

1月 13日 寒九の水

寒に入って九日目の水をいう。この水は一番冷たいと言われ、漬け物に入れると酸っぱくならないのでたくあんや野沢菜漬けに入れる。「この日に水を汲むと腐らない」「一年で一番水が澄む日」

1月 14日 若木のむかえ

山から生木(ぼよ)(なら、こまゆみ、黒もじの枝等)を取ってきて、十五日に使う小豆を煮る。囲炉裏で焚いているその火にあたると風邪をひかないとか、若返るといわれた。風呂を焚く。

1月 14日 鳥追い

子供が拍子木を鳴らしながら田畑を荒らす鳥獣を追い払い村をねり歩く

1月 15日 十五日正月(小正月)、やぶ入り

奉公に出ている人や、嫁に行った人は婿さんと一緒に里帰りする。実家ではそばを打ったり、野菜料理をいろいろ作ってもてなした。嫁さんは二十日正月を終えてから帰る。 実家に1ヶ月くらい居て縫い物をする。「子供呼び」あずきがゆをふいて食べると田植えの時、風が吹くと言われた。

1月 15日 田の神さん

田の神さんがお出になる。 十五日の朝は、前日に煮た小豆の中に餅を入れて食べると田植えに風が吹くから、熱くても吹いて食べてはいけないと言われた。 大根で馬を作り、小豆粥の中に入れて煮る。その時のかたさで今年の田んぼの「あらくれ」のかたさを占った。又その小豆を柿の木にぬりつけて、柿の豊作を祈願した。

1月 15日 賽の神

正月の飾りや書きぞめを燃やし、その年の豊作と家族の無病息災を祈る。 村の災難をのがれ豊作であるように、正月の飾りや書きぞめを集めて燃やす。餅やイカを焼いて食べる

1月 15日 成木責め

小豆粥をして果物の木に供える(沢山実がなるように)。あずがい(小豆粥) 正月料理と同様だが品数が少ない

1月 17日 冬土用入

四立の前18日間、土の気が盛んになるため土を犯す作業や殺生を忌む(五行) (行事食 wiki)あんころ餅である「土用餅」、土用の時期に採れる栄養価が高いとされる「土用しじみ」、土用の時期にニワトリが産み落とした「土用卵」などがある。春の土用の丑には「い」、夏の土用の丑には「う」、秋の土用の丑には「た」、冬の土用の丑には「ひ」の付く食べ物をとると良いとされ(土用の食い養生)

1月 20日 大寒・二十日正月(寝正月・骨正月)

藁仕事を休みお茶飲みをする。正月の祭りのおさめぞめでゆっくり寝て暮らす。実家に帰っていた嫁さんが二十日正月をして婿家に帰る。白い餅を食べる。(骨正月)正月料理を食べつくし骨までも(鮭)食べるのでこう言われた(猿橋初坂)

1月 20日 太子講

聖徳太子をまつり、職人さんが集まってその年の日当を決める。

1月 25日 天神講

床の間の天神様の掛け軸を下ろす。(菅原道真公)

1月 27日 しまい正月(旧正月)

27、28日 餅を食べおさめする。旧の正月を祝い神仏にお供え物をする

1月 31日 ごぜ宿、浪花節宿

冬の娯楽として大人も子供も楽しみにしていた。村ではごぜさんや、浪花節語りの泊まる宿(世話役の家)が決まっていて、村中の人がそこの家に集まって話を聞いた。
 

2月

2月 3日 節分

節分=立春の前日。炒った豆を升に入れてまき、家内安全を祈る。

2月 4日 立春

寒の明け

2月 4日 針供養

昔は家族の着る物を全部手縫いで作っていたので、一年中の折れた針を豆腐にさして供養する。

2月 19日 雨水

2月 20日 別院の回壇

二月下旬から三月にかけて、別院の布教活動
 

3月

3月 3日 上巳(桃の節句・ひな祭り)

餅・笹ずし、鯛のこつ酒、大根の煮なます

3月 3日 火祭り(鎮火祭)

宮内、火祭りの行事

3月 5日 啓蟄

3月 9日 山の神

山神様が野に降りてこられる日とされ、高い所(二階、物干場)に昇ってはいけないとされている。 山に行くと怪我をすると言って山仕事を休む。 "山仕事、特に炭焼きを行っている人たちの行事。この日は仕事を休む。地域によっては三月九・十日に行う (大濁 山の神)この日から、男衆は本格的に春山(たき木切り)を始め、女衆は3月末から4月にかけて行う味噌煮の準備やら、農良着の縫い物、作っておいたぞうり、みの、になわ、わらじ等、雪にさらしたり"

3月 13日 墨衣の御影様(すみごろものみかげさま)

乗如上人の祭

3月 15日 地蔵堂のだんごまき 、摩尼王寺のだんごまき

地蔵堂のだんごまき 、摩尼王寺のだんごまき(越後三十三観音二番札所) お釈迦様の祭。だんごをお釈迦様の骨といってまく慣習がある。紅、白、黄、緑色などの食紅で色づけしただんごをまき、それを拾って袋に入れて身につけていると災難よけになる。

3月 18日 社日・春社(彼岸入り)

檀家の人がお寺へ行き法座を聞く。彼岸の初日をヒガンイリ、中日をオチュウニチ、最後の日をケチガンという。 石臼で米を粉にひき、ダンゴを作って仏様に供える。 彼岸明けは3月24日頃

3月 20日 山菜採り(3月下旬〜5月)

3月 21日 春分

 

4月

4月 3日 春の節句

嫁、婿は里帰りする。手みやげに紅白のひし餅を持たせる所もある。 子供たちは山や雪どけの早い小川の土手で遊ぶ。大きい子供が主となりみそ汁を作ったり、雑煮を作ったりした。

4月 3日 春まつり

初嫁さんのお宮参りが行われ、神社の参道に一文店が出る。

4月 3日 花見

きれいに着飾って高田の花見にでかける。

4月 3日 春の畑打ち

種撒きや植え付けの準備のため、鍬などで畑の土を掘り返す

4月 5日 清明

4月 15日 稲荷祭(錦町)

地域の稲荷神社の祭

4月 17日 春土用入

四立の前18日間、土の気が盛んになるため土を犯す作業や殺生を忌む(五行) 春の土用の丑には「い」、夏の土用の丑には「う」、秋の土用の丑には「た」、冬の土用の丑には「ひ」の付く食べ物をとると良いとされ(土用の食い養生)

4月 18日 もぐさ観音・観音祭

初嫁さんがまるまげを結って氏神さまへ結婚の報告へ行く。もぐさ餅(平丸)。家内安全と豊作を祈願する(飛田)。

4月 20日 穀雨

4月 30日 ねこ作り

(和田、北条地区)各組毎に集まって割り当てられた「ねこ」を作る。作業が終わると当番の家の手料理でお茶飲みをする。秋に作る地区もある。「ねこ」とはわらで作り、用水の取入れ口にせぎとして使う。

4月 30日 苗代作り

親類や近所の人たちと「え」をして行う。

4月 30日 ぼよ刈り(柴刈り)

一年中のたきぎ取り。山へ言って新芽の出る前の若木を切って束ねて積んでおく。割木作りも併せて行う。夏に背負い出して家の回りに積み直す。野菜作りの「手ぼよ」「くねぼよ」にも利用した。山仕事の昼食(わっぱめし、山うどに生味噌、生味噌を山の清水で溶いた味噌汁)
 

5月

5月 1日 風まつり

白山神社春の祭礼。おみこしが白山神社から加茂神社へと一年交代で町中を回った。

5月 2日 八十八夜

5月 5日 端午(菖蒲の節句)・立夏

5月 8日 お薬師さん

薬師神社の祭り。農作業は休み。寺尾の薬師様

5月 9日 初山(平丸)

山の神様を迎える(平丸)

5月 21日 小満

5月 31日 田打ち(くれつぶし)

三本くわでうなってくれつぶしをする。
 

6月

6月 6日 芒種

6月 10日 田植え(6月上旬)

田植えのごっつぉ

6月 11日 入梅

芒種から数えて6日目頃

6月 20日 田植えの節句(20日過ぎ頃)

笹餅、ちまき、 節句の相撲

6月 20日 水神様の祭り(飛田新田)

6月 21日 夏至

6月 30日 田の草取り

だんごまき

6月 30日 馬子洗い

身欠きニシン入りたけのこ汁、 笹ずし、 赤飯
 

7月

7月 1日 衣ぬき(きんぬき)

7月 1日 梅の年とり

7月 2日 半夏生

7月 7日 七夕(しちせき・たなばた)・小暑

7月 17日 大日さん(上堀之内)

だんご、押しずし、ところ天、野菜の煮物

7月 17日 土用の丑

どじょう汁

7月 20日 夏土用入り

7月 21日 夏まつり(雪森)

ソーメン、野菜の天ぷら

7月 23日 大暑

7月 31日 草の間

草の間(大濁)
 

8月

8月 6日 夏土用の終わり(節分)

8月 7日 立秋

みょうがだんご

8月 13日 お盆・墓参り

8月 13日 孟蘭盆(うらぼん・斐太地区)

8月 15日 やぶいり

盆踊り・盆がえ

8月 17日 堂根まつり(吉木)

赤飯 赤白の餅 煮物 押しずし(箱ずし) 天ぷら

8月 17日 洗濯間

8月 20日 二十日盆

押し寿司(手土産)

8月 23日 処暑

8月 24日 夜泣き地蔵まつり(志・除戸)

8月 25日 八朔(田の実の節句)

8月 27日 子安地蔵尊まつり

8月 27日 七夜

8月 28日 八夜

8月 31日 マンマ会(梨の木)

赤飯 変わりご飯 のっぺ 煮物

9月

9月 1日 二百十日

9月 8日 白露

9月 9日 重陽(菊の節句)

9月 11日 二百二十日

9月 15日 十五夜

十五夜といって40年前頃には、これをさかいに、忙しい、取り入れの秋が始まるのです。

9月 15日 秋祭り(長沢)

長沢まつり

9月 19日 山の口開き

じんだ餅 かぼちゃだんご 寒天の寄せ物

9月 23日 秋分

9月 24日 社日・秋社

9月 24日 ぼたもち神様(小局)

ぼたもち、赤飯
 

10月

10月 8日 寒露

10月 13日 芋の年とり

10月 13日 お講(長沢)

里芋 さつまいもを煮て食べる のっぺい汁

10月 13日 刈り上げ

ぼたもち

10月 13日 かいば切り

いもご御飯

10月 20日 秋土用入り

10月 23日 霜降

 

11月

11月 1日 おたや

東本願寺新井別院

11月 5日 氏神様の秋祭り

長沢原 秋まつり、赤飯 豆腐汁 煮ざえ

11月 7日 立冬

11月 15日 かかしあげ・大刈り上げ(田の神さん)

ぼたもち おひら お頭付き

11月 15日 大根の年とり

大根の煮物 そばやきもち、「かぶな洗い」かぶなのかぶの味噌煮

11月 15日 猟解禁

ジビエ

11月 15日 冬囲いの頃

11月 20日 ぼよ刈り(柴刈り)

11月 22日 小雪

11月 30日 秋もち(秋節句)

笹ずし ぼたもち のっぺ 煮豆 けんちん
 

12月

12月 7日 大雪

12月 8日 ふいご祭り

火の神さま、そば 天ぷら

12月 8日 小箸上げ、とうど呼び、秋がえしき

おひら おぼろ汁 甘酒 天ぷら ずきんかぶり

12月 8日 月忌じまい(がっきじまい)

豆炒り

12月 8日 おとりこし

新そば トリそば ツトッコに入れた野菜の煮物

12月 22日 冬至

12月 27日 餅つき・まゆ玉つくり(〜27日)

あずき餅 おろし餅 くるみ餅 ごま餅

12月 31日 年取り

白飯 おひら 数の子 塩びき 棒ざめ なます きんぴら そば 豆腐